音響芸術科(音響・レコーディング 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 音響・レコーディング業界のプロをめざす人の情報ブログ 音響芸術科科ブログ

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

音響芸術科blog

2005年06月16日 1年後には「現場」

レコ3

今日は2年生のレコーディングがありました★今日、来ていただいたのはインディーズで活躍中の「鈴木美穂」さん(http://www.japan-i-station.tv/artist/04.htm)。そして周りはスタジオミュ−ジシャンの皆さんです。

さすがに2年生になると、「何をやるべきか」がわかっているので動きがスム−ズ♪今日はリズム録音→オーバーダビングと録音を一通り行いました。リズム録音とは、4リズムと呼ばれる楽器(ベ−ス、ドラム、ギター、ピアノまたはキ−ボ−ド)の録音。音楽の土台になる作業です★土台が出来たらその上にそのほかの「音」を付けていきます。それが「オーバーダビング」です。 

2年生のレコーディングコースでは、実践的なテクニックを身に付ける事を目的としていますので、こういった実習がメインとなります。

ただ録音すればいいというわけではなく、アーティストさんと触れることで、コミュニケーションの重要性を学んでいきます。

2年生は1年後には「現場」に出ています。今から意識して頑張ってもらいたいですね♪


n-56789369 at 18:43 | この記事のURL | |

2005年06月15日 出欠席☆

山田

補助員のY君が出欠席のチェックをしています。音響芸術科では、ちゃんと学生の出欠席をチェックし、場合によっては学生に連絡します。折角、学校に入ったんですからシッカリ学んでもらいたいですし、何か問題が起きているかもしれないですからね☆

出来る限り学生と会話し、話し合うことで色々なことがわかります。場合によっては、コチラが教えてもらうこともあります。とても大切な事ですよね。

これからも一人一人と会話していきたいと思います♪

n-56789369 at 19:12 | この記事のURL | |

2005年06月14日 初体験☆

VO録音1

今日の実習では、VO録音を行いました♪ご協力いただいたのは「フロウズン」の皆さん☆(公式ファンサイト→http://music.nifty.com/frozen/)

今日は1年生でしたから、アーティストの方のレコーディングは初体験☆みんな緊張の面持ちでした。そして今日の担当エンジニアはミキサーズ・ラボの田村先生!あの森山直太郎さんの担当エンジニアで、第一線でバリバリ活躍中のエンジニアさんです。そりゃあ緊張しますよね(笑)私たちも緊張しますもん。

今日はVO(ヴォーカル)のほかにドラムの音も録りました。田村先生の音造りを少しでも吸収しようと必死にメモする1年生。とても微笑ましかったです☆

今日学んだことは凄く貴重なこと。しっかりと自分のものにしてほしいですね。

VO録音2

VO録音2

n-56789369 at 17:45 | この記事のURL | |

2005年06月14日 エンジニアの仕事は…

ケーブル

ケーブルをなおしている補助員のK君です(笑)エンジニアの仕事は、音楽を創る事だけではなく、こういった各機器やケーブルの修理も含まれます。最も最近はあまりやらなくなった会社もありますが。

でも、ケーブル一つで「音」が違うんですよね☆昔のエンジニアさんはそこまでこだわりがあったと言う声を聞くと、やはり学ばないといけない技術ではないかという気がします。

こういう細かい作業が、良い「音楽」に繋がるんでしょうね♪

n-56789369 at 17:30 | この記事のURL | |

2005年06月11日 ドラムの録音は難しい☆

ドラム録音

今日の2年生の午後の実習は「補講」となりました。各自が自分の苦手とするスタジオに行っての実習です。これまで行ってきた実習のわからないところを徹底的に復習出来ます。

写真はドラムのマイクのセッティングをチェックしているところ。マイクの種類によって録れる「音」が違うことは以前にも書きましたが、ドラムは高音から低音まで幅広く音を使う楽器ですので、セッティングが難しい…。正解はないと思います。勿論、スタンダードなセッティングはありますが、エンジニアさんによって異なる楽器です。マイクの種類、セッティングの距離・角度が少し違っただけで「エッ!?」と思うほど音が変わるんですよ〜♪う〜ん、奥が深い…。

でも奥が深い分、とても面白い☆学生は、このマイク使ったらどんな音になるんだろう??なんて想像しながらセッティングしています。そして自分で「音」を聞いて、そのセッティングが「有り」なのか「無し」なのかを学んでいきます。

自分だけのオリジナルな「音」が見つかるとイイですね♪










n-56789369 at 13:55 | この記事のURL | |